甲瓦工業

MENU

施工実績

HOME施工実績小矢部市S様邸 住宅新築工事

小矢部市S様邸 住宅新築工事

外壁と瓦が、見事にマッチしています。

小矢部市で、F型あるいは、平板瓦(へいばんかわら)と呼んでいる種類の瓦で、新築の案件を施工させて頂きました。
左右の端の瓦(袖瓦)は、かぶせ と呼んでいる仕様で仕上げさせて頂き、良いアクセントになりました。
使用した瓦は、小矢部市で瓦を製造販売しておられる、みのわ瓦販売さんより、納入して頂きました、
新東(株)製 セラムF2 銀麟 という商品です。
 

瓦葺き部分は、風圧力が一番大きな外力になります。瓦同士に差し込み部分があり、風圧に対してだけでなく、瓦と瓦の隙間にも、内部にアンダーラップと呼んでいる、水を受け流す溝があり、大雨に対しても安心です。

棟部分です。和形でも可能ですが、平板瓦は、冠瓦のみで施工します。(写真は三角冠) 棟部に対しては、地震の力が一番大きな外力になるので、地震に対しての備えが一番の課題です。 棟の内部には、人工樹脂でできた、芯木が施工してあり、芯木と冠瓦をビスで緊結します。 腐食の恐れも少なく、地震はもちろん強風にも安心です、

屋根は、その部位によって、受ける圧力が違います。端部は、中央部に比べ大きな負荷を受けるため 特に念入りに緊結します。

写真のように、端部の瓦(袖瓦)を、桟瓦にかぶせるように施工する仕様を、弊社では「かぶせ」 と呼んでいます。他には、「一体袖」という仕様があり、施工例では、射水市 T様邸で、紹介させて 頂いています。

  • 今すぐお困りの方へ
  • 無料点検
  • ご依頼受付
  • お問合せ
  • 職人募集
  • ブログきのえ