甲瓦工業

MENU

施工実績

HOME施工実績A砺波市H邸 瓦葺き直し工事

A砺波市H邸 瓦葺き直し工事

大きな屋根の場合、瓦の上を流れる雨水の逆水が、雨漏りの原因となります。流量が多くなる、軒先に近い部分で多く発生します。

雨漏りがするとの事で、点検をさせて頂きました。下地の落ち込み、その他による雨漏りと判断して、下地を補修して葺き直し工事を施工させて頂きました。

ピンポイントでの対応が難しく、作業範囲を決めて、作業する内容となります。下地全体が濡れているのが分かります。

所々で、この部分から侵入したんだなあって部分があります。雨量や風向きにより、侵入箇所は変わる事が多く、ピンポイントでの抜本的な対応を難しくしています。

既存の下地に、4mm合板(ベニヤ)をなるべく平坦になるように張り、下葺き材を2重に張ります。下は、防水性に重点を、上は、耐熱性に重点を置いたタイプです。どうしても、既存の瓦は、隙間が多いので、吹き込む可能性があります。そのためのバックアップです。瓦桟木も新調なので、瓦以外は、葺き替え工事と変わりませんね。

写真は、瓦を横から見た写真です。右側が、下(軒先側)です。瓦の側面→(写真では左側・棟側)が下にねじれているのが分かると思います。このようにねじれているのを「オチ」逆に上がっているのを「ハネ」と呼んでいます。これらを目視で分別しながら隙間を少なくするように瓦を葺いていくので、瓦葺き作業には時間がかかってしまいます。瓦のねじれを行儀と呼んでいて、行儀が悪いというような言い方をします。

今回は、既存の瓦の再使用が不可能で、リユース瓦で葺き直し工事を施工させて頂きました。経済性と共に、既存の瓦との調和が取れ、自然な仕上がりとなる所が長所です。職人さんの丁寧な、分別と、瓦の加工(リユース瓦は寸法がまちまちなので、加工しながら施工)により、最小限の隙間と下葺き材で、雨漏りの対応とさせて頂きました。SDGsの観点からも、地球に優しい作業となりました。

  • 今すぐお困りの方へ
  • 無料点検
  • ご依頼受付
  • 瓦ガイドライン工法で安全安心
  • お問合せ
  • 職人募集
  • ブログきのえ