甲瓦工業

MENU

施工実績

HOME施工実績@砺波市F様邸 瓦葺き替え工事

@砺波市F様邸 瓦葺き替え工事

今回、谷部より右側の屋根を葺き替えました。付帯作業として、谷部板金と雨樋の交換、外壁の脱着作業、及びエアコン室外機とCSアンテナの一時的な移設がありました。谷部の作業では、既存部分も一部作業範囲に含まれるので、より安心して頂ける内容となりました。

住宅の下の屋根の一部を葺き替えさせて頂きました。作業の様子は、このHP内の2021年10月4日付、7日付ブログでも紹介させて頂いています。春先にお話を頂いたのですが、僕の段取りが悪く、着工が遅れているうちに、エアコン脱着も伴うため、夏季を避ける工程になり、受注から着工までとても長くなり、お客様には大変なご心配とご迷惑をおかけしてしまいました。

外壁と瓦を取り外し、瓦と棟土を分別して搬出。瓦桟木を取り外していきます。この日だけは、にわか雨も考慮しなくて良いくらい晴れの日を選びます。なので、着工日は、天気予報で前後します。

今回は、既存の下地に下地材(ベニヤ)を施工する仕様となりました。下地材は、左右上下30mm程度重ねて張ります。重なり部分が高くなりすぎないように、交互に張っていきます。

ルーフィングと呼んでいる下葺き材を、ルールに従って施工します。写真の部分は「谷」と呼んでいて、雨水が集まる場所なので、2重に張っています。今回、谷部の板金も交換したので、将来的に左側の既存部分のメンテナンス工事をすることがあっても、効率良く作業ができます。写真では、下地から改質系ルーフィング(グレー)、高分子系ルーフィング(ブラウン)と分かり易くなっていますね。 下葺き材については、2021年4月24日付ブログでも触れていますので、参考にして下さい。

瓦桟と下地との間に隙間を作り、瓦桟を取り付けていきます。下地の重なり部分などで、下地に高低差が出来るので、厚さの違う瓦桟を使用するなどして、高さを揃えます。壁面と屋根面の接続部分を、葺き止めと呼んでおり、板金部材を取り付けるなどして、雨漏りに備えます。

瓦を葺いて、棟を施工します。写真の様な棟を、隅棟(すみむね)と呼んでいます。 のし瓦と呼ばれる瓦を互い違いに積み重ねてお互いに緊結していきます。

美観的な目的から、鬼瓦に近い部分は、のし瓦の段数を増やして、曲線を描くように積んであります。このような部位を「捨て」と呼んでおり、隅棟3段 捨て2段 と言った言い方をしています。隅棟に限らず、他の部位の棟部でもよく採用されています。

このような部分を「折り返し」と呼んでいます。折り返しの端部の冠瓦は、「下がり破風」(さがりはふ)と呼んでおり、通称「猫の顔」です。外壁と、壁面の接続分を「葺き止め」と呼んでいます。この案件は、葺き止めと、折り返しは一体となっています。

この後、外壁と樋の取り付け、足場の解体、清掃等を経て作業は完了となります。今回の案件では、軒先が長いので、積雪の負荷を考慮して、雪止め瓦の位置が、通常より1列上になりました。雨樋、屋根、外壁と下地から一体となったメンテナンスとなり、大変満足のいく仕上がりになりました。

  • 今すぐお困りの方へ
  • 無料点検
  • ご依頼受付
  • 瓦ガイドライン工法で安全安心
  • お問合せ
  • 職人募集
  • ブログきのえ