甲瓦工業

MENU

施工実績

HOME施工実績砺波市M様邸 雪止め瓦施工工事

砺波市M様邸 雪止め瓦施工工事

屋根雪については、屋根には大きな負荷が、お客様には、雪下ろしなどの負担等もあるので、お客様の意見を、大切にしています。

上の屋根の積雪が、下の屋根に落ちて被害が出ないように、雪止め瓦を施工させて頂くことになりました。(49判)

雪止め瓦には、2種類あり、写真は、輪型雪止め瓦(通称ツル)です。今回、軒先より3列目に横一線で施工させて頂きました。長所は、キッチリ雪を止める事。短所は、枝葉なども溜まる事です。定期的な清掃等をお勧めします。(写真は施工例です)

写真は、コブ 雪止め瓦と呼んでいます。今回の案件では、輪型を葺く部分に施工してあったので、1列上で再使用しました。長所は、枝葉などが溜まりにくい所、短所は、積雪時に軒先から雪が垂れ下がり、軒先や雨樋に負荷がかかってしまう所です。写真のように、1枚おきに葺いてある場合は、更に顕著です。(写真は施工例です)

雪止め瓦の施工面には、大きな負荷がかかるので、瓦を緊結する桟木や下地の接地面は補強します 又、雪止め瓦は、緊結部分が2カ所ありますので、緊結の為に、既存瓦をはぐる列は、3列になります。一層の強化が見込めますね。(雪止め瓦分2列+1列)

写真は、今回の案件とは関係ない写真ですが、瓦桟木の劣化が進むと、折れなどが生じ、雨漏りや欠落の原因になります。

今回は、既存でコブ雪止め瓦が施工してあったので、軒先のみ輪型雪止め瓦を施工する仕様になり、既存のコブ雪止め瓦を、1列上で再使用させて頂きました。 全く雪止め瓦を施工していない案件では、屋根全体に同様の作業をさせて頂く事になります。

  • 今すぐお困りの方へ
  • 無料点検
  • ご依頼受付
  • 瓦ガイドライン工法で安全安心
  • お問合せ
  • 職人募集
  • ブログきのえ