甲瓦工業

MENU

施工実績

HOME施工実績D高岡市N様邸 谷部板金交換工事

D高岡市N様邸 谷部板金交換工事

このような部分を、谷 と呼んでいます

雨漏りがするとのお話を伺い、板金部に孔が開いていたので交換させて頂きました。

かつては、加工のしやすさから銅製が主に使用されていました。腐食によって、孔が空いて雨漏りを起こします。

幸い、下地には大きな問題はありませんでしたが、既存の棟部と谷部の取り合いに雨漏りの形跡を認め、棟土も流失していので、棟部も一部積み直し作業をすることにしました。

下地に下葺き材を施工して、瓦桟木も新調します。下葺き材には突起があり、万が一雨が侵入したり結露したりしても、隙間を通って軒先へ排出されます。又、板金部はとても熱くなるので、防水性に重点を置いたタイプの上に熱に強いタイプを2重に張ります。この、こだわりは、新築や葺き替えの作業の際でも同じです。

板金部材を交換し、逆水防止と部材の保護のためにシールを張ります。それから順に瓦を葺いていきます。三角形の瓦を、うろこ瓦と呼んでおり、周囲に瓦が葺いていないために不安定ですが、今回、締め直し作業を行ったことにより、しっかりと締め直しができ、安心して頂ける仕上がりとなりました。板金部材に問題が無くても、うろこ瓦の締め直し工事のみも施工させて頂く事があります。

棟部の作業の準備をします。棟部の底には、毛細管現象による水の吸い上げを防ぐ、瓦のかけら(ガラ)を敷き詰めます。弊社では、棟部は、ビス止め工法を採用していますが、今回は、既存の棟部と仕様を合わせる必要があったため、下地から銅線を出して結束する工法となりました。

板金部分の交換と共に、周囲の瓦の締め直し、棟部のメンテナンスも同時に施工する形となり、大変満足のいく仕上がりとなりました。

今回は、別の部分でも施工させて頂きました。写真は、下の屋根で、外壁がある為、壁際は解体ができません。(手が入りません)。既存の板金部分の下に交換する部材を差し込む形になりますが、壁際まで到達しており、軒下になる部分で、流量も少ないので全く問題が無いと考えています。

谷部は、雨水が集まる重要な箇所です。積雪時には、荷重もかかりやすく、定期的な点検とメンテナンスをお勧めしています。

  • 今すぐお困りの方へ
  • 無料点検
  • ご依頼受付
  • 瓦ガイドライン工法で安全安心
  • お問合せ
  • 職人募集
  • ブログきのえ